紳士

離婚する時の財産分与【有利になるための秘訣】

男の人と女の人

解散する

近年、独自で会社を起こして経営している方が多くなっています。会社が起こしやすくなった分、毎年1人で企業を起こす方が多いです。それに伴い、経営が上手くいかず会社を解散させる所も多くなっています。

相談

大きく人生を変える

夫婦の問題になっている離婚は、弁護士や離婚相談カウンセラーを利用してより良い選択を考えないといけません。そのための知識として紹介しているので参考にしてみるといいでしょう。

制度を理解

婦人

改正が続く小規模宅地等の特例制度

今までは故人が事業用・居住用として宅地を使っていた場合、少なくとも50%の減額を受けられました。しかし22年以降、相続人が事業を引き継ぐ、又は居住の用に供すことが求められるようになりました。平成26年の改正では二世帯住宅、老人ホームに入所しているケースについて要件が緩和されました。いずれも要件が厳しかったのですが、現状に合わせた改正が行われました。これにより、相続税のために老人ホームへの入所を回避する等のケースが減ることとなりました。

今回の改正と今後について

今回の改正では、居住用宅地について限度面積が330平方メートルまで認められるようになりました。坪に直すと100坪に当たります。また、事業用に使っている宅地と併用できることとなりました。これまでは、面積制限により、居住用宅地について適用を受けると事業用は適用できないことがありました。これがなくなり、事業をする方への負担が大幅に減りました。ただし、マンション経営などの貸付事業をしている場合はそのままとなっています。居住用宅地について適用を受けると、適用を受けられないことがあります。相続税の節税対策にと、貸付事業を行う方が増えています。改正に含まれなかったのは、このような方を意識してのことなのでしょう。宅地について限度面積が拡大したことも考えると、やはり現状を意識した改正が行われています。国の動きはそこまで早くありません。現状をよく把握し、国に先んじて対策を講じておきましょう。対策を行なうにしても自分の判断だけでは難しいので、法律家のプロに相談しておくと良いです。法律家であれば様々なアドバイスを行なってくれて、節税対策もすることが出来るでしょう。また、税に関することは相続だけではなく、離婚時の財産分与も挙げられます。離婚をする際、家や車などをどっちが所有するか揉めることが多いでしょう。そういった財産分与についてもアドバイスをくれる他、依頼人が有利になるようにサポートしてくれるので積極的に利用すべきだと考えられます。

メンズ

専門的なカウンセラー

離婚カウンセラーは一般的なカウンセリングとは異なります。離婚カウンセラーの場合、弁護士や専門的な知識を豊富に持っている資格者なので、具体的な解決策をアドバイスしてくれます。